インターネットの魅力的なキャンペーンをご紹介して行きます。

自我の育成期

HOME

Speed Wi-Fi NEXT

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応して、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。
その技術により、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなるのです。

それに加え、Bluetoothに対応していますので、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングをする事が出来ます。WiMAXを使用する時、注意する速度制限は二種類あります。ひとつめが、月間データ量による速度制限、俗に言う7G制限と呼ばれているものです。次に、混雑回避の為の速度制限って言われるものです。

ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。
しかし、混雑回避の為の速度制限に関しては適用となります。


GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言った月額362円のサービスもあります。Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは何かと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の提供するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。対象となるアクセスポイントは全国に10000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで利用する事が可能です。

Wi2エリアの中では別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを購入した料金分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。
WiMAXのサービスの中でも、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対して情報を一番持っていますし、トラブル時の対応も最も迅速かつ的確で、サポート対応時間も最長です。



だけども、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店と契約を行なうと言う手段もあります。


代理店ならキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。



各WiMAX端末にはクレードルと言う専用の充電台がありますけど、このクレードルがある事で2種類の通信モードを使用する事が出来ます。一つ目がAPモードと言う通信モードなのですけど、この通信モードはWiMAX端末をアクセスポイントとして使用する事が可能な機能で、ブロードバンドルーターとクレードルをLANケーブルで繋ぐ事でWiMAX端末がWi-Fiルーター代わりになります。
二つ目の通信モードがルータモードと言う通信モードなんですが、Wi-FiやBluetoothなどのテザリングに対応していない古い機器とクレードルとを繋ぐ事で、それらの機器を有線通信と言う形でインターネットへアクセスさせる事が出来ます。

その他、クレードルにWiMAX端末をセットする事によってフル充電状態が継続されますから、いつでもWiMAX端末をフル充電状態で外に持ち出す事が可能になります。WiMAX通信を行なう機器は、常に進化を続けています。
特に、通信速度の向上が目まぐるしく、現在、下りの最大通信速度で220Mbps出ます。

しかしながら、最近になって通信速度よりも、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。

新しいWiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。その理由は、混雑回避の為の速度制限、これが適用されやすくなったのです。そう言う訳で、製造会社や使用者的には、一番気になる関心事がここにスライドしたのです。
WiMAX機器の大きさは、スマートフォンよりも小型です。ですので、カバンに入れて持ち運びできます。

ポケットサイズですし、重量も厚みも大した事無くて、ポケットに入れても余裕があります。
ワイマックス対応の通信機は、スマートフォンアプリを使用して操作する事が出来ます。


ですので、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、その状態で使用する事も可能です。

WiMAXサービスの強みは、通信制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

他のモバイルインターネットなら、速度制限が怖くて映画など見てられません。

出来る事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?ですが、WiMAXだったら堂々と映画が視聴出来ますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なえば、月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貰えます。貯まったGMOポイントはBBウォレットで100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が出来ます。BBウォレットの口座にお金を振り込んでおけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いとして使用されます。
その他、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりに利用可能だったり、クーポンサイトのくまポンで使用する事も出来ます。


WiMAXサービスは無線を使ったインターネットサービスとなっていますから、人によっては人体に対する良くない作用を気にする方もいるでしょう。
例えば、各電子機器の発する電波が身体の細胞に傷を付けて発がん性を高めるのではないのかとか、精子の動きを悪くするのではないかと言った噂も話題となりました。ですが、WiMAXの電波が使用する2.5GHzの帯域の電波に関しては、人体へ及ぼす影響の医学的な根拠が示されていません。更に、ペースメーカーへ与える悪影響に対しても気になるところではありますが、総務省の研究によって悪影響のない事が確認されていますから、WiMAXサービスを安心して使用する事が出来ます。

気になるWiMAXの評判なのですが、ポジテ

気になるWiMAXの評判なのですが、ポジティブな意見ばかりではありません。
どういうものがあるのかと言うと、通信が途切れるだとか、そんな批判的な意見もあります。

とは言えども、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。
従って、口コミの内容が現在は改善されていると言う事も多々あります。口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合、そう言った点を頭に入れながら読むようにしましょう。



WiMAX機器は、常に進化を続けています。


特に、通信速度が速まって、現在のところ、220Mbpsと言う脅威の通信速度を叩き出しています。しかしながら、ここのところは通信速度より、通信量の方が重要視される傾向にあるようです。
新型WiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の総通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。と言うのも、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にした速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。
なので、メーカーやユーザー的には、ここに神経を尖らせているのです。
UQ WiMAXサービスに申し込むと、この利便性の良さに驚かされます。


自分が感じたのが、帯域制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。
私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なんですが、通信制限でイライラする事が無くなりました。



UQ WiMAXにも帯域制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルじゃ無くなるのです。WiMAXの通信に対応している専用端末があります。

専用のWiMAX端末は定期的に新製品が登場し、WiMAXの技術力は次々と上がっています。
例を挙げると、WiMAXしか対応していなかったWiMAX端末ですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。
その上、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。



キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が倍に向上しました。PEPABO WiMAXは、普段3種類の料金プランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。

その上、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。まれに、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、タイムセールはいつもラインナップされている料金プランではありません。WiMAXを使用する際に、注意する速度制限が二つあります。

一つめが、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限って呼ばれているものです。二つ目は、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。

ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。だけども、混雑回避の為の速度制限は適用範囲になります。電器屋さんで、店員から光回線の勧誘を受けました。
WiMAXで満足している私ですし、勿論ですが、そんなものは不要です。


販売員にWiMAXがあるから必要ないと伝えたところ、呆れるような営業トークをされました。


WiMAXって、天気が悪い日には使えなくなるでしょう?ただ、今までWiMAXを使用して来て、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。
強風の中であっても、WiMAXの通信が遅くなったり、受信具合が悪くなったりと言った事はありません。

WiMAXサービスに申し込んだ事により、私の生活は一変しました。
最も変化が大きかった事は、スマホで7G制限を気にする必要がなくなりました。
Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。
そう言う流れで、スマートフォンサイトにムービーが設置されている場合であっても、気にせずPCのように観れるようになりました。


UQ WiMAXのサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約プランが一般的です。なぜならば、25ヵ月間縛りの契約をする事によって、25ヵ月間の月額使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
更には、申し込みから26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結果的に、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。



500円と聞くと大した金額ではありませんが、割引きは毎月の事ですから、お得感はどんどん重なって大きくなります。



WiMAXと契約を申し込む時、様々なキャンペーン特典が付与されます。

特にお勧めなのが、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスでしょう。



UQ WiMAXの場合はUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。

どんなプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

各WiMAX端末にはクレードルと言う充電台が

各WiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別売りで売られてて、価格としてはおよそ3000円ほどします。

このクレードルの必要性が気になる方もいるでしょうが、基本的にはなくてもWiMAXを使用する事が出来ます。


なのですが、クレードルがある事でイーサーネットポートを利用する事が可能ですから、LANケーブルを使用したAPモードやルータモードが利用する事が出来るようになります。他にも、常にWiMAX端末をフル充電の状態で維持する事が出来ますので、いつでも外に持ち運ぶ事が出来るようになります。
WiMAX通信に対応したデータ端末は、年々新製品が発売されます。

それぞれにより性能が違い、便利さも異なります。その中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応していて、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。
WiMAXサービスは無線を利用するインターネットサービスですので、一度使ってみないと分からないところではあります。そう言う人にお勧めなのが、Try WiMAXって言う15日間利用出来るWiMAXのお試し制度です。
クレジットカードの登録とアンケートに答える事が利用条件にはなりますが、契約前にWiMAXサービスを利用する事の出来る嬉しい制度です。
サービスの利用中にUQ WiMAXから営業の電話がありますから、そのまま契約まで済ませるのも良いでしょう。

Broad WiMAXとは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスでして、その中でも月額最安プランが特徴的だったりします。
月額最安プランの特徴としては、月額料金が安い分初期費用が必要となる部分にあります。

とは言っても、一定条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結局のところ初期費用は支払う必要が無くなります。また、好きな時に他のインターネットサービスに乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で契約したその日中に発送されると言った部分もBroad WiMAXの特徴となっています。

WiMAXを入手すると、WiMAX端末しか必要ないから、屋内がさっぱりします。

光インターネットだと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。モデムは毎月レンタル料金が掛かり、月々の料金に追加課金されます。
手段として、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですけど、無線カードを使用する際はレンタル料金を請求されてしまいます。



Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOを搭載して、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。


そのテクノロジーにより、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになるのです。それに、Bluetoothにも対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。



WiMAXサービスは電波を使用したインターネットサービスとなっていますので、人により体に対する悪影響を気にする方もいるでしょう。具体例を出すと、各電子機器の電波が身体の細胞に傷を付けて発がん性を高めるのではないのかとか、精子の質を低下させるのではないかと言った噂も話題となりました。ですが、WiMAXの電波が使用する2.5GHzの電波に関しては、人体へ影響を与える医学的な証拠が示されていません。その他には、ペースメーカーへ与える影響に対しても気になるところではありますが、総務省の研究により影響のない事が証明されていますので、WiMAXサービスは安心して使用する事が可能です。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすれば、月額料金の支払いを行なうごとにGMOポイントが100pt貰えます。

貯まったGMOポイントはBBウォレットで100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が出来ます。BBウォレットの口座にお金を振り込んでおけば、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。


合わせて、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりとして利用可能だったり、クーポンサイトのくまポンで使用する事も出来ます。
各WiMAX端末にはクレードルと言った専用の充電台がありますが、これがある事で2種類の通信モードを使い分ける事が出来ます。一つ目の通信モードがAPモードなのですが、この通信モードはWiMAX端末をアクセスポイントとして使用する事の出来る機能で、ブロードバンドルーターとクレードルを繋ぐ事でWiMAX端末がWi-Fiルーター代わりになります。
二つ目の通信モードがルータモードと言う通信モードなのですけど、Wi-FiやBluetoothなどのテザリングに非対応の古い機器とクレードルとを繋ぐ事によって、それらの古い機器を有線通信と言う形でインターネットへアクセスさせる事が出来ます。その他、クレードルにWiMAX端末をセットする事でフル充電状態が維持されますので、いつでもWiMAX端末をフル充電状態で外に持ち出す事が可能になります。


So-net モバイル WiMAX 2+の販売サイトへアクセスすると画面の右下に追尾型のウィジェットが出て来て、これが一体何なのかと驚いてしまう人もいるでしょう。
これはSo-netの担当オペレーターとやり取りが出来るチャットスペースになっていて、キャンペーンサイトを読み進める上で疑問を覚えた部分に対して、リアルタイムでオペレーターに疑問を投げかける事が可能な仕組みになっています。通話であれこれやり取りする事に対して緊張すると言う人でも、文字でのやり取りならハードルが低くなるのではないでしょうか?ですので、そう言う方にとっては非常に嬉しいシステムであり、しっかりと納得した上でSo-net モバイル WiMAX 2+と契約を行なう事が出来ますので、契約後に後悔してしまうような失敗は起こりにくくなります。